思春期のニキビ

原因:

成長期には様々なホルモンの分泌が飛躍的に活発になる時期です。ただし当然ですが不安定になりやすい時期でもあり、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスは特に崩れやすいです。崩れるとバランスが男性ホルモン優位となるため、皮脂の分泌が急激に増加しニキビができやすい状態になります。適切なケアの仕方もあまり知らない年頃のため、どうしてもお肌が荒れやすくなりこれらもニキビができやすくなる原因です。

ケア:

思春期のホルモンバランスによる影響はある程度は仕方ないことですが、角質を保護することを意識した洗顔と洗顔後の保湿、食生活、十分な睡眠と生活リズムを保つことが重要です。それでも、体質などでどうしてもニキビができる場合は、専門の治療を行うことをお勧めします。適当にしていると赤ニキビ・黄ニキビが増えて一生凸凹のニキビ跡を残して後悔しないためにも。

専門治療:

PDT、ケミカルピーリング、イオン導入療法、クリアタッチなどのお肌の外からの治療と薬物治療(保険内治療)、ホルモン治療、栄養療法・栄養指導の身体の内なる原因からの治療があります。早めにご相談ください。

大人のニキビ

原因:

20歳以降に突然ニキビができてきたという人が最近急増しています。これらの主たる原因は、ストレスです。ホルモンバランスはストレスで容易に崩れ、男性ホルモン優位になり、皮脂の分泌が活発になります。顎やフェイスライン、首すじ、口周りなどに大人ニキビが出やすいことは、この部分がひげの生えやすい場所で男性ホルモンの影響を受けやすいところと考えれば納得できるところでしょう。仕事を始めたとき、人間関係がうまくいかないとき、仕事が不調なとき、恋愛関連など、大人になってからのストレスは簡単には除去できません。ですので、むしろ思春期のニキビよりも治りにくいのはこういった要因のためです。

ケア:

ストレスが原因となっている場合が圧倒的に多いので、その原因を除去することが根本のケアとなります。生活習慣の乱れ、肌の手入れ不精などが原因であれば、それらを改善して清潔で潤い豊かな肌を保つようにすることが重要です。しかしそれらを行ってもストレスが根本理由の場合はなかなか良くならないので、専門の治療を受けることをお勧めします。

専門治療:

PDT、ケミカルピーリング、イオン導入、クリアタッチなどのお肌の外からの治療と薬物治療(保険内治療)、ホルモン治療、栄養療法・栄養指導の身体の内なる原因からの治療があります。特にPDT治療は皮脂腺に直接働きかけその分泌を協力に抑えるので、非常に有効です。遺伝要因でもある皮脂過多症を改善することもできるので、ニキビはないけど皮脂が多くて困っている方にも最適な治療です。

ご注意事項

全国から患者様が来られるため、当院は完全予約制となります。
夜8時まで予約を受付可能ですので、お仕事帰りや学校帰りでも安心して診察が受けられます。
土・日・祝日も予約可能です。

  • 東京 恵比寿・代官山 0120-915-028

    診療時間 11:00~20:00
    休診日 土日祝も診療(休診日なし)

  • 福岡 博多駅前 0120-969-287

    診療時間 11:00~20:00
    休診日 土日祝も診療(休診日なし)

治療を受けられる前に