ニキビ治療・ニキビ跡治療は重症ニキビ専門の皮膚科クリニック、メディアージュ皮膚科ニキビクリニックへ(恵…

ニキビに悩むお子様の 保護者様へ

「ニキビは青春のシンボル」という誤解

昭和の時代、「ニキビは青春のシンボル」と言われ、大人になれば自然に治ると言われたものでした。大人のニキビは、ニキビではなくて「吹き出物」などと呼んでいた時代でした。

しかし、ニキビは明確に「病気」です。「毛穴の感染症」です。
風邪という感染症を放っておくと肺炎などになり大変なことになりますね。怪我したところを手当もせずに放っておくと細菌感染を起こして炎症して化膿して治っても目立つ傷跡が残ったりしますね。

ニキビは「毛穴の感染症」です。
放っておくと、毛穴は変形しニキビ跡はひどくなるだけでなく、半永久的にニキビが繰り返しできる状態になってしまうことが多いです。

昔のように、「大人になったら自然に治る」時代ではありません。昔のように『顔に残ったニキビ跡を気にしない』時代でもありません。
お子様がたとえ気にしていなくても、早めの治療を促してあげてください。

「現代ニキビ」の実情

昔は思春期にニキビはできて大人になってからニキビはできない、吹き出物ができるくらい、と言われていました。しかし、現代のニキビはこの『思春期ニキビ』だけでなく、大人になってからできて悪化する『大人ニキビ=現代ニキビ』になる人が非常に多い時代となっています。

子供のニキビが思春期初頭から生じたのか、それとももう少し後でニキビができてきたかは一つのポイントであり、ニキビが繰り返し生じて治りにくくなってからどれくらいたっているかも重要なポイントです。
改善のスピードや治療後の再発のしやすさなどにも影響しますので、できるだけ速やかに診察にお越しください。

ニキビ治療の実績

  • 治療実績50,000件超治療実績50,000件超 60000 50000 40000 30000 20000 10000 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
  • 治療年齢層治療年齢層 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代