ニキビ治療・ニキビ跡治療は重症ニキビ専門の皮膚科クリニック、メディアージュ皮膚科ニキビクリニックへ(恵…

当院のニキビ跡治療

ニキビ跡の種類

  • ニキビ跡の赤み
    色素沈着
  • ニキビ跡の凸凹
    クレーター
  • ニキビ跡の盛上り
    しこり

あなたが気になるニキビ跡は、
本当に「ニキビ跡」ですか?

診察時の訴えで圧倒的に多いのが「ニキビ跡の赤み」。赤みは目立ちますから、何より気になるところですね。

でも、診察をしてみると、実は「ニキビ跡の赤み」ではなく「ニキビの炎症の赤み」であるケースが少なくありません。その場合、ニキビ跡の赤みを治療しても、炎症の赤みは消えません。

  • (治療前)
    ニキビの炎症の赤み
  • (ニキビ治療後)
    ニキビ跡の赤み

ニキビ跡は炎症性のニキビを併発していたり、今見えていないだけで実はニキビが内在しているケースも多いのです。

ニキビ跡の赤みや凸凹は、ニキビの炎症や化膿が原因です。せっかくニキビ跡の治療をしても、ニキビが残っているとまたニキビ跡ができてしまい治療を繰り返すことに…。

まずは診察であなたのニキビ跡を診断しましょう。

ニキビ跡の色素沈着

ニキビ跡の色素沈着は、〈出血による赤黒い色素沈着〉と〈メラニンによる茶色い色素沈着〉があります。

〈出血による赤黒い色素沈着〉
ニキビの炎症や化膿により、真皮の毛細血管が破壊されて出血し、真皮に血液中のヘモグロビンが沈着してシミになったものです。

〈メラニンによる茶色い色素沈着〉
ニキビの炎症や化膿により有害な活性酸素が発生し、活性酸素からお肌を守るためにメラニンが過剰に生成されて、色素沈着したものです。

治療法IPLニキビ跡色素治療

ニキビ跡の色素沈着は、炎症の影響でメラノサイトが活性化されている状態なので、出力の強いレーザーは使えません。
IPLは表皮の色素は吸収するもののメラノサイトには刺激を与えないので、ニキビ跡が濃くなってしまう心配はなく、徐々に全体のニキビ跡を改善させていくことができます。

ニキビ跡のクレーター

ニキビは炎症を起こすと、まわりの皮膚細胞を壊しながら悪化していきます。
ニキビが炎症を起こすと、白血球が皮膚組織を壊してそれ以上炎症が広がらないように食い止めようとしてコラーゲン組織が壊されます。
真皮を新しく作ることができなくなってしまったり、できる速さが遅くなってしまうため、ニキビ跡のクレーターになります。

治療法フラクショナルニキビ跡クレーター治療

レーザーで皮膚真皮の深いところに点状の微細な穴をあけ、熱作用によって変性したコラーゲン組織にダメージを与え、その再生を促すことで新しい正常な組織に生まれ変わらせていきます。

ニキビ跡のしこり

ニキビの炎症が長く続いたりニキビを繰り返すことで、深くダメージを受けた肌が再生しようとしてコラーゲンなどの線維が過剰に生成されてしまい、それが盛り上がしこりになります。

治療法フラクショナルニキビ跡クレーター治療

レーザーで皮膚真皮の深いところに点状の微細な穴をあけ、熱作用によって変性したコラーゲン組織にダメージを与え、その再生を促すことで新しい正常な組織に生まれ変わらせていきます。

治療法ステロイド注射

赤く盛り上がっている場合に有効です。コラーゲン線維が過剰に生成されているしこりに、直接ステロイドを局所注射することで膨らみを扁平化し、赤みを軽減することができます。