ニキビ治療・ニキビ跡治療は重症ニキビ専門の皮膚科クリニック、メディアージュ皮膚科ニキビクリニックへ(恵…

ニキビの3大原因ニキビの毛穴の病気です
詰まった皮脂が菌の“エサ”になる皮脂を食べて菌が毛穴の中で増殖し炎症を起こす皮脂が溜まりやすい毛穴になる皮脂が詰まる 菌が増える 毛穴の変形 毛穴の炎症=ニキビ

3大原因を同時に取り除くことが
重要ポイント!

当院のニキビ治療

当院では、「毛穴の中に入ってしまっている細菌を滅菌」し、同時に「皮脂が毛穴の溜まりにくいようにする」ために皮脂腺の機能を一時的に抑制するPDT療法(光線力学療法)を主体として治療を行います。

炎症が起こらなくなれば、それ以上“毛穴の変形”は進まなくなり、「毛穴の中のスキマ」をなくすように『自己治癒能力』が働いてきます。

しかしこの自己治癒能力だけで「毛穴の中のスキマ」が改善するのは1年以上の時間がかかり完全にスキマが埋まるまでいかない場合もあります。ですので、それを少しでも早めて『スキマ』のない正常な毛穴になるよう促すための補助治療を併用することもあります。

「スキマ」をなくすためには変形した毛穴周囲のコラーゲン産生を高めることが重要です。食事等でタンパク質やアミノ酸をたくさん取ることも大事ですが、変形した毛穴周囲にコラーゲン産生の材料となる成分を直接浸透させる治療(イオントフォレイシス・エレクトロポレーションなど)は補助治療として有効です。

その他のニキビ治療

1つや2つ程度のニキビに対しては、レーザー等による局所療法(炭酸ガスレーザー・エルビウムYAGレーザー)を行います。
その他、ケミカルピーリングホルモン治療、点滴・注射などによる補助治療もニキビの状態により有効ですので、ご相談ください。

  • 皮脂
  • 菌
  • 毛穴の変形

PDT(Photo Dynamic Therapy:光線力学療法)

●皮脂が毛穴に詰まることを防ぐ

特殊な光を照射して、皮脂腺内に大量の活性酸素を発生させ、皮脂腺の機能を一時的に抑制することで、毛穴に皮脂が詰まることを防ぎます。

皮脂は菌の格好のエサになるため、皮脂を抑えて毛穴に溜まらないようにすることで、菌を駆除するだけでなく、増殖も防ぐ効果が得られます。

●細菌の増殖を抑える

特殊な光を照射して、皮脂腺内に大量の活性酸素を発生させ、ニキビの原因であるアクネ菌やマラセチア菌、それ以外の菌も一気に駆除します。

皮脂を抑えて毛穴に溜まらないようにすることと、増殖した菌を殺菌することでニキビの炎症を止め、それ以上炎症を起こさないようにします。

●毛穴の変形を防ぐ

皮脂を抑えて毛穴に溜まらないようにすることと、増殖した菌を殺菌することでニキビができないようにして、毛穴の変形を防ぎます。

すでに変形してしまった毛穴は、ニキビを止めている間に、自己治癒力によりゆっくりと毛穴は再構築されていきます。

毛穴の変形

エレクトロポレーション導入

●毛穴の変形を修復

表皮細胞に一時的に電子孔を形成し、これまで導入できなかった薬剤や有効成分を安全に無痛で導入します。肌の自己治癒力を高めつつ、肌のコラーゲンの原料となる栄養素を局所的に吸収させて変形した毛穴周辺のコラーゲン増生を促進させます。

毛穴の変形

イオントフォレーシス(自宅療法)

●毛穴の変形を修復

微弱な電流によって、ニキビに有効なビタミンや栄養素を肌へ導入して、ニキビを改善し、ニキビのできにくい肌をつくります。
肌の自己治癒力を高めつつ、肌のコラーゲンの原料となる栄養素を局所的に吸収させて変形した毛穴周辺のコラーゲン増生を促進させます。

皮脂

炭酸ガス(CO2)レーザー

●皮脂の詰まりを解消

レーザーで皮膚に0.1mm程の小さい穴を開け、毛穴に詰まったコメドや膿、皮脂を熱エネルギーで溶解します。
レーザー光は殺菌作用があり、膿や皮脂が排出されると炎症がおさまり、ニキビが治っていきます。

皮脂

ケミカルピーリング

●皮脂の詰まりを解消

古い角質や毛穴の汚れ、毛根のアクネ菌を取り除き、肌のターンオーバーを正常に戻して新しい肌細胞の産生を促し、ニキビのできにくい肌をつくります。

皮脂

ホルモン治療

●過剰な皮脂分泌を抑制

ニキビの原因のひとつであるホルモンバランスの崩れを整え、ニキビのできにくい体質に変える治療です。
低用量ピルで生理前に増える男性ホルモンの活性を抑え、女性ホルモンを補うことでバランスのとれた状態に整え、大人ニキビを改善します。

菌

処方薬

●皮脂の詰まりを解消

アクネ菌を殺菌する抗生物質が含まれた外用薬や、毛穴の詰まりを取り除き、ニキビになりそうな段階でニキビを防ぐ外用薬などがあります。