ニキビ情報室|重症ニキビ治療はメディアージュ ニキビクリニックへ(東京・大阪・福岡) 

ニキビ情報室ニキビ情報室

ニキビでお悩みの方へ、経験と実績に基づく正しいデータで
お役に立つ様々な情報をお届けしています

思わぬニキビの原因

一般的なニキビの原因についての基礎知識と、有効なケア、治療方法についてご紹介します。

妊娠とニキビ

妊娠とニキビ

原因

女性ホルモンは主に2種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。前者は女性らしい丸みの帯びた身体を形成したり、髪の毛の質やツヤを向上したり、骨量を増加させ骨を強くしたり、コレステロールの代謝改善を行ったり、妊娠や出産に適した身体にする“女性らしくするホルモン”です。

一方、後者は妊娠をスムーズに経過させ、胎児を守るための役割を果たす“妊娠のホルモン”です。月経周期における排卵期を境にこの後者のプロゲステロンが増加しますが、プロゲステロンは男性ホルモンと似た働きをもっていて、皮脂の分泌を活発にします。妊娠すると、プロゲステロンの分泌が維持されるため、ニキビができやすくなるのです。

また、妊娠により食べ物のバランスが崩れることが良くあり、同時に大きなストレスを抱えがちです。このようなストレス状態はホルモンバランスが崩れやすく、男性ホルモンのバランスが高くなるため、さらに皮脂分泌が活発になりニキビができやすい状態となるのです。

ケア

ホルモンバランスが必要以上に崩れないよう、ストレスがかからないように環境作りをすること、食事のバランスを整えて、皮脂成分の変化をおこさないようにすることなどが有効です。当然、お肌を清潔に潤い豊かな保湿を行うこと、睡眠をとることも重要です。それでも、妊娠中はどうしてもストレスが多いものです。安易に薬剤を使うことも妊娠中は難しいので、ひどくなる前に治療を受けることが望ましいでしょう。

治療

ケミカルピーリング、イオントフォレーシス療法、炭酸ガス(CO2)レーザーなどのお肌の外からの治療と栄養療法・栄養指導など、原則的には薬剤を使わない治療を主体に行います。妊娠の時期によっては、必要であれば薬剤を使うこともあります。