実習先の子どもたちに言われた言葉に傷ついて… | 東京~恵比寿・代官山~ 福岡~博多駅前~重症ニキビ治療専門皮膚科クリニック

「実習先の子どもたちに言われた言葉に傷ついて…」(10代女性、専門学生)

治療期間 3ヶ月 治療回数 6回
発症部位 顔全体 行った治療 PDT、イオン導入療法

もう治ったのよ、と胸を張って言えます。

私は保育系の専門学校に通っていて、子供と関わることが多いです。その際に顔のニキビについて「おねえちゃん、それ病気なの」「気持ち悪い」とストレートに言われることが多々あり、強いストレスを感じていました。今日も誰に何を言われるんだろうと実習が憂鬱に感じることも多々ありました。

なんとかニキビを治したい思いで皮膚科に通ったりエステに通ったり色々試しましたが、ちっとも改善されませんでした。 そんな中でこのクリニックのホームページで私と似た症状のニキビが治っているのをみて、長期休みにこのクリニックでの治療を決心しました。

治療は想像していたよりも熱くなくて、気持ちの良い温かさでした。 1回の治療は思っていたより短く感じました。好転反応と思われるニキビは思っていたよりも少なかったですが、赤みは3,4日ほど続きました。 その後は元々小さかったニキビは消え、ニキビとニキビがくっついて、はれていたのがなくなり、新しいニキビが出来にくくなりました。出来ても赤くなるだけの軽いものになり、芯のあるニキビも前より小さいのが出来るだけで、気にならなくなりました。

3回目の治療の際に、光の強さを強くしてもらったところ、顔の赤みと腫れが3,4日続きました。 眉間の上と、目頭の下あたりにはまだ少し大きいニキビが残りましたが、他の所はほとんど凸凹がなくなりました。 治療の後半になると治療後の赤みは特に気にならなくなって、新しいニキビもほとんどできなくなり嬉しくなりました。

忙しくて睡眠時間がとれなかったり、正しく3食とれなかったりすると、以前はすぐ肌が荒れてニキビが出来ていたが、学校が始まり、そういった状況になってもニキビができなくなりました。生理前なども、いつも新しくニキビができてしまっていましたが、できたとしても治療前より小さく、又できてもすぐ治るようになりました。実習先の子供たちにも「病気が治ったのよ」と胸を張って言えるようになったのが一番うれしかったです。

本症例におけるドクターの見解

顔全体に大小さまざまなニキビが多発する典型的な重症ニキビです。首やアゴ周りのニキビが特にひどく、痒みや痛みで夜中にひっかいてしまうこともあったようです。痛みや痒みを伴うニキビの場合、気になって触ってしまったり、ステロイド外用剤を使用することなどにより、余計にニキビが悪化してしまうケースを多く見かけますので要注意です。

スタッフコメント

PDT治療開始後、早い時期よりニキビの改善を実感されていました。そしてなによりニキビの改善に伴い、表情が明るくなり、友達と出掛けたエピソードや実習先の子供たちの話など明るく楽しそうに話してくれるようになりました。

市販薬を試し、エステや美容皮膚科にも通ったが効果なし、もう何をやっても治らない、と諦めていませんか。
重症ニキビ治療専門皮膚科クリニックのメディア―ジュにご相談ください。