ニキビ跡クレーター治療「フラクショナルレーザー」|ニキビ跡治療 | 東京~恵比寿・代官山~ 福岡~博多駅前~重症ニキビ治療専門皮膚科クリニック

施術一覧

フラクショナルニキビ跡クレーター治療

当院では、Er:YAGレーザーによるフラクショナルレーザー「JOULEプロフラクショナル(サイトン社)」を導入しています。

フラクショナルレーザーとは

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザー治療とは、皮膚にドット状に多数の点状の穴を開ける治療方法を言います。 治療目的に合わせ1回の治療効果やリスクを考慮して、点状の穴の深さやその密度を調整することができます。この小さな点状の穴は肌にとっては小さな傷ですが、この小さな傷を修復しようとする自己治癒能力により様々な成長因子が放出され、コラーゲンやエラスチンを産生する線維芽細胞の活性化や上皮細胞の増殖などを促します。これらの作用によりレーザーで生じた小さな傷が治るだけでなく、小さな傷周囲のコラーゲンも増殖することで、元々のニキビ痕のクレーターを改善させていくことができます。

フラクショナルレーザーの種類

現在最も普及しているのがCO2(炭酸ガス)によるフラクショナルレーザーですが、当院では、Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザーによるフラクショナルレーザーを導入しています。Er:YAGレーザー(波長2,940nm)は、同様の目的で用いられるCO2レーザーと比較し、約10倍の水分への吸収率があり、表皮に対してミクロン単位の蒸散(剥離)が可能で周囲にほとんど熱影響を与えないことが特徴です。

フラクショナルレーザーは、より深度の深い治療を目的とした「アブレイティブフラクショナルレーザー」とダウンタイムを少なくすることを第一義とした「ノンアブレイティブフラクショナルレーザー」に分類されます。 当院のEr:YAGフラクショナルレーザー機器では、この両方に対応することが可能ですが、『ニキビ跡』に対しては、原則としてアブレイティブな方法で照射します。アブレイティブフラクショナルレーザーは、ドット状の点状の穴を、より深く、より密度が高い状態で照射します。つまり皮膚へ治療効果をより高く設定した方法です。これはある意味ダメージが大きいわけですが、当然それに伴う自己治癒能力の蜂起は大きくなるため、一回の治療効果が高く、皮膚の再生を強く促し肌の入れ替えが進みます。ただ、治療後はダウンタイムが比較的長くなり、被覆材などの保護が必要となったり、一時的な色素沈着などが生じる可能性がありますが、肌再生におけるレーザー治療としては改善効果が高いのが特長です。

アブレーティブレーザーとノンアブレーティブレーザー

当院のフラクショナルニキビ跡クレーター治療の特徴

当院のフラクショナルニキビ跡クレーター治療は、皮膚内に極小の点状に照射剥離するため、適用されるフラクションは全体的な治療域のうちのごくわずかです。この処置は、繊維芽細胞を刺激しコラーゲンとエラスチンを新たに産生させて創傷部位の治癒反応を誘導しながら、周囲組織は無傷の状態で残したまま、速やかな治癒を促します。

ニキビ跡のクレーターの症状によって照射の目的となる深さは異なります。フラクショナルニキビ跡クレーター治療はドットの深さとその密度を綿密に調整することで、お1人おひとりの肌の状態に合わせた治療ができます。フラクショナルニキビ跡クレーター治療は皮膚内に清潔に微小な範囲で剥離する経路を作り、線維芽細胞の産生を活性化し、コラーゲンマトリックスを回復させます。その結果、コラーゲンとエラスチンが新たに形成され、皮膚が膨張し厚みが出ます。真皮乳頭層には幹細胞と色素細胞(メラノサイト)が存在するため、周囲の組織を傷つけないことは速やかな治癒を促すことになります。 フラクショナルニキビ跡クレーター治療は、顔も身体もあらゆるタイプの肌にお受けいただけます。

スキャンパターン

独自のTRLテクノロジーが実現した、世界最高水準の治療効果

フラクショナルニキビ跡クレーター治療のTRLテクノロジーは、25µmから1,500µmの範囲で厳密な精度で剥離でき、これにより、剥離と凝固の深達度をそれぞれ別に調節できるようになりました。極めて高い精度で1パルスあたり25~1,500μmの組織をどの深達度でも蒸散させることができ、凝固層がほとんどない蒸散が可能です。凝固させる場合は、プロフラクショナルXCを使用すると、連続的なサブアブレーションレーザーパルスが送出され、組織を蒸発させることなく、選択した深達度で組織を加熱できます。レーザーによる周囲の正常組織への熱損傷がほとんどないため、ダウンタイムが短く、術後の赤みや色素沈着のリスクが軽減されています。 CO2レーザーは穴の周囲組織が熱によるダメージを受け、凝固層が厚くなっています。この凝固層が創傷治癒を阻害し、ニキビ跡の治療効果を妨げる原因になっていると考えられます。

フラクショナルレーザーの施術
Coefficient of absorption

水分への高い吸水性で、剥離率を増大

フラクショナルニキビ跡クレーター治療には、剥離率の高いEr:YAG(エルビウムヤグ)レーザーを採用しています。Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザーはCO2レーザーに比べて、水分に対する吸収率が10倍程もあり、ごくわずかな熱伝導で組織を蒸発させることができ、周辺の正常組織に対するダメージがありません。CO2レーザーの場合、水分によって吸収率が比較的低くなるため剥離率が低下することから、組織内に著しい熱量が伝導されることとなります。

治療事例

治療前

治療前

オーロラ治療後

フラクショナルレーザー治療後

治療前

治療前

オーロラ治療後

フラクショナルレーザー治療後

治療前

治療前

オーロラ治療後

フラクショナルレーザー治療後

治療前

治療前

オーロラ治療後

フラクショナルレーザー治療後

治療前

治療前

オーロラ治療後

フラクショナルレーザー治療後

治療の費用

全顔
1回¥95,000
トライアル¥57,000
3か月以内¥66,500
6か月以内¥76,000
回数券3回¥171,000
両頬
1回¥66,500
トライアル¥39,900
3か月以内¥46,500
6か月以内¥53,200
回数券3回¥119,700
額/フェイスライン
1回¥47,500
トライアル¥28,500
3か月以内¥33,250
6か月以内¥38,000
回数券3回¥85,500
コメカミ/顎
1回¥28,500
トライアル¥17,100
3か月以内¥19,950
6か月以内¥22,800
回数券3回¥51,300
顎下
1回¥47,500
トライアル¥28,500
3か月以内¥33,250
6か月以内¥38,000
回数券3回¥85,500
1回¥14,000
トライアル¥8,400
3か月以内¥9,800
6か月以内¥11,200
回数券3回¥25,200
1ショット(1cm2)
1回8,000円