重症ニキビ治療はメディアージュ ニキビクリニックへ夜8時まで 土日祝も診療

ニキビとニキビ跡の皮膚科メディアージュ ニキビクリニック

  • TOP > 
  • 自宅治療用品

イオントフォレーシス機器

医療器具メーカーと共同開発、毎日のケアで治療効果をますます高く。

医療器具メーカーと共同で開発したイオン導入器は、フェイスパッドを接続することで、
顔全体のニキビケアに対し15〜30秒でイオン導入療法が可能です。
このご家庭で続けやすいホームケアがニキビ改善の治療効果をますます高めます。

4ステップで簡単イオン導入療法

1. 本体とフェイスパッドを接続し電源をON。

2. コインマスクにローションを十分浸す。

3. フェイスパッドの形状に合わせて、黒い面にローションを浸したコインマスクを広げる。

4. コインマスクをつけた面を顔に押し当て、密着させながら15〜30秒イオン導入療法!

※コインマスク:フェイスシートをコイン状に固めたもの。市販のものでも問題ありませんが当院のコインマスクはフェイスパッドの形状にあわせたものをご用意しています。

ニキビ跡改善のメカニズム

  • ヘアーレスラットコントロール

  • 4%ビタミンC誘導体ローションのイオン導入1ヶ月後。I型コラーゲンの増生が見られる。(光っている部分)

皮膚は外界からの異物の進入を防ぐ臓器です。簡単に表皮層内に入らないように、角質と表皮細胞との間にバリアゾーンと呼ばれる部分を持って身体を守っています。空気中には様々な物質があるわけですから簡単にそれらが表皮層に届くと、お肌が荒れるだけでなく、身体全体にも悪影響を及ぼすわけです。ですから、化粧水やローションなども角質層には達しますが、表皮内にはなかなか達しません。つまりは、ビタミン剤などを皮膚に塗っても効率が悪いのです。古くから、ビタミンは体の中から取りなさいと言われるのは、こうした理由からでした。

しかし、イオン導入療法という手法を用いると、効果的に成分が表皮層・真皮層まで届きます。たとえばビタミンCに関して言えば、同じ濃度のビタミンCのローションを単純に塗布するのとイオン導入するのとでは、後者が50倍以上表皮内に吸収されていることがわかりました。

ですから、毎日のお手入れの際にイオン導入療法を行うことで、大量の水分とビタミン、栄養分を表皮真皮に送り込むことができるため、お肌のお手入れやメンテナンスに非常に有効です。

特にビタミンCは体で生産することができず、蓄積することもできませんので、毎日投与することがとても重要です。

これによって日々の紫外線、その他による皮膚の障害を救うことができます。 当クリニックでは、以上の理由から、自家用のイオン導入器にて、ビタミンCアミノ酸プラセンタ配合の治療薬を毎日イオン導入していただき、ビタミンAとビタミンEのジェルクリームを塗っていただくことを推奨しています。これにより、ニキビ跡の改善にも有効です。

注意事項とアフターケア

日焼けには十分注意し、万全な日焼け対策をしてください。 毎日朝晩の二回行うと、より効果的な結果を得ることが可能です。

医療用導入液

ニキビ治療専用の導入液を使用してイオン導入療法 を行います。
導入液に含まれるビタミンCとアミノ酸によって生成されるコラーゲンが毛穴を修復し、正常化させます。その効果により、皮脂が増加しても毛穴に溜まることを防ぎ、ニキビの再発を予防することが出来ます。

当院の医療用導入液には、高濃度のビタミンCとアミノ酸、プラセンタを配合しています。

※ビタミンCには、コラーゲンの生成、ニキビの炎症を抑える作用、メラニンの生成を抑える作用(ニキビ跡の色素沈着を軽減させる)、皮脂を抑える作用があります。
※イオン導入の優れた点は、そのまま化粧水を塗布するより、50倍以上も大量の有効成分を肌の奥まで送り届けることが出来るところです。

ニキビ治療では、ニキビが再発しない毛穴の環境を整えることが重要です。院内での治療に加えて、毎日のケアを行うことでニキビのない健康的なお肌を維持することができます。

皮膚安定保護クリーム

■レチノール含有ジェル

皮脂の代わりとなる油分の補給とともに、ビタミンA(レチノール)が表皮・角質のターンオーバーを促進し、角化異常などを起こしにくくします。毛穴の詰まりの改善や余分な皮脂の排出を促します。
肌バリアの安定化を促すジェルクリームです。このジェルを使い続けることにより角質はコンパクトに、表皮は肥厚化するのでイオントフォレーシスの薬剤の浸透度も高まります。ビタミンA(レチノール)、ビタミンE、ビフィズス菌を配合しています。

ニキビ治療では、ニキビが再発しない毛穴の環境を整えることが重要です。院内での治療に加えて、毎日のケアを行うことでニキビのない健康的なお肌を維持することができます。

■コエンザイムQ10αリポ酸含有クリーム

皮脂の代わりとなる油分の補給とともに、コエンザイムQ10とアルファリポ酸の強力な抗酸化作用により、肌の防機能を高めて肌バリアの安定化を促すクリームです。
コエンザイムQ10、αリポ酸、プラセンタ、ビタミンKなどを配合しています。

■強保湿剤

皮脂の代わりとなる油分を大量に補うためのクリームです。

※とくにPDT治療中は皮脂抑制作用により肌バリアが弱まりやすいので、それを防ぐ目的で使用するクリームです。