重症ニキビ治療はメディアージュ ニキビクリニックへ夜8時まで 土日祝も診療

ニキビとニキビ跡の皮膚科メディアージュ ニキビクリニック

IPLニキビ跡色素治療

  • 治療前

    治療前

  • 治療後

    治療後

IPL(intense pulsed light;インテンス・パルス・ライトの略)とは、レーザーのように単一の波長だけではなく、およそ500nm〜1000nmの広波長域の光のことで、この光をニキビ跡を含む皮膚全体に照射するのがIPLニキビ跡色素治療です。 IPLの中にはメラニンを吸収する波長や赤色を吸収する波長、水分を吸収する波長などの様々な波長を含んでいます。 これを皮膚に照射すると皮膚のメラニンを吸収しシミやくすみを改善したり、ニキビ跡の赤色に反応しニキビ跡を薄くする効果が期待できます。

特にニキビ跡に対してはIPLが推奨される理由があります。通常のシミであればメラニンに反応するQスイッチレーザーで一度で改善させることができますが、ニキビ跡の場合はレーザーを用いて一度で改善させることはできません。なぜならニキビ跡は炎症の影響でメラノサイトが活性化されている状態なので、そこに出力の強いレーザーを照射することでさらにメラノサイトの活性化を促し、逆にニキビ跡が濃くなってしまう可能性があるからです。IPLは表皮の色素は吸収するもののメラノサイトには刺激を与えないので、ニキビ跡が濃くなってしまう心配はなく、徐々に全体のニキビ跡を改善が期待できます。

またIPLが皮膚の色素に反応すると熱エネルギーが生じ、真皮の浅層でのコラーゲン生成や肌のターンオーバーを促進させます。するとニキビ跡の改善をさらに早めたり、毛穴の開きや肌のキメの改善効果、ニキビの再発を抑える効果も期待できます。

IPLの種類

IPLの光をニキビ跡を含む皮膚全体に照射するのが「IPLニキビ跡色素治療」です。「IPLニキビ跡色素治療」の治療法の1つに光治療器を用いて取り除くがあります。レーザー治療のようにテープなどでカバーする必要もありません。照射後にすぐお化粧ができることも魅力です。IPL光治療は顔全体に照射していくため、表皮のターンオーバーを整え肌の再生能力を高めて、ニキビ跡の色素沈着を改善していきます。肌への負担が少なく、幅広い治療が可能です。

フォトフェイシャル(ナチュライト) ルミナス社 560、590、640-1200nm
フォトフェイシャル・ファースト
(ルミナスワン)
ルミナス社 515、560、 590、 615、
640、695,755、-1200nm
サイトンBBL サイトン社 515、560,590nm当院のIPL治療機器
オーロラ(フォトRF) シネロン社 580、470、-980nm
ライムライト キュテラ社 520nm~1100nm
アキュチップ キュテラ社 500nm~635nm
フォトシルクプラス デカ社 550~950nm
フォトソール(フォトRF) スペイン 420~560nm
エリプスフレックスPPT エリプス社 530~750nm

★フォトフェイシャル(ナチュライト)

もっとも有名な光治療の元祖がフォトフェイシャルです。後発の他のIPLシミ治療機器と比べると治療できるシミや色素沈着が少ないという弱点があります。

★フォトフェイシャル・ファースト(ルミナスワン)

2代目フォトフェイシャルで、7種類の光波長が使用できるバージョンアップ機器です。

★ライムライト

白人向けに開発されている「フォトフェイシャル」に対し、「ライムライト」は日本人向けに開発された光治療器です。 白人よりもメラニンの多い日本人では、「フォトフェイシャル」では赤みが強く生じたり痛みが出たりなどのデメリットがありました。これを解消したのが「ライムライト」です。フラッシュランプから照射される光のエネルギーが、皮膚表面から真皮にかけて届き、シミや色素沈着の元メラニンの排出を促し、皮膚の再生を早めます。 紫外線によるシミだけでなく、毛細血管拡張症や赤ら顔、キメの改善などにも高い効果が期待できます。

★アキュチップ

従来のIPL治療器では反応しにくかった色素の薄いシミや色素沈着、ソバカス、赤みに良く反応する光治療機器です。通常のIPLは広い波長域の光を使った治療ですが、アキュチップは、シミ・赤みを症状に応じてそれぞれの光モードに使い分けて部位を治療することができます。照射スポットが直径6.35mmと小さいため、消したいシミ・赤み、細かな毛細血管拡張の部分にだけピンポイントで照射することが可能です。

★フォトシルクプラス

「フォトフェイシャル」より、シミや色素沈着の元メラニン粒子の分解能に優れています。シミ・シワ・肌質改善とお肌の悩みを総合的に改善し、この他、ニキビ等の赤みや毛穴の開き、産毛などに効果が期待できます。

★フォトソール(フォトRF)

IPL(光)とRF(高周波)を照射し、肌を活性化させることによってシミや色素沈着を治療していきます。治療目的に合わせてフィルターの選択、IPLとRFのパワー設定、パルスサイクルの選択を自由に行え、肌の状態に合わせた照射が行えます。2バス照射での照射法により、2つの異なった悩みを同時に治療することができます。

★エリプスフレックスPPT

I2PLという従来のIPLの波長から短波長と長波長を除くことにより、副作用を軽減し、弱いジュール数でもよい効果が期待できます。

当院のIPLの特徴

毛穴内部修復治療イオントフォレーシス

美容医療の先進国アメリカのIPL光治療機器『BBL』を導入しています。

『BBL』によるニキビ跡色素沈着治療は、従来のIPL光治療機器とは異なり、治療対応範囲が広く、一人ひとりの肌質に合わせた照射が容易となり、その効果を一段と際立たせることができるようになりました。フォトフェイシャルの進化版として、初回治療直後からの改善を期待できます。

BBL(ブロードバンドライト)という光の照射によって、メラニンや毛細血管などの肌トラブルの原因のみに作用します。これにより、健康な肌を傷つけることなく、シミ、ソバカス、くすみ、赤ら顔などを改善し、高い美白効果が期待できます。

BBL照射時の加熱作用により、皮膚が引き締まり、線維芽細胞が刺激され活発化することでコラーゲンを生成して、肌のハリやキメが改善し、毛穴が引き締まるなど、シミや美白効果以外の高い美肌効果が期待できます。

治療の流れ

毛穴内部修復治療イオントフォレーシス
  • 1. カウンセリング・診療
    施術前のカウンセリング・診療時は、お一人おひとりの症状やお悩みに対して的確に効果が現れるかを診察します。
  • 2. 洗顔・照射準備
    照射部のニキビ跡の状態を最終チェックします。ジェルを塗布します。
  • 3. 照射
    顔全体の場合で15分程度かかります。
  • 4. 施術終了
    ジェルを洗い流し、スキンケアをして頂きます。メイクをしてお帰り頂けます。

リスクと副作用

  • ・治療後は紫外線対策を行い、過度な摩擦を避けてください。
  • ・照射により様々な一過性の症状(赤み、熱感、痒み、腫れ、蕁麻疹様の症状、等)や好転反応と考えられる症状(一時的にニキビが増えたような悪化したように見える状態等)が出ることがありますが、数日でおさまります。心配な際は、遠慮なくご相談ください。
  • ・施術中・施術後に熱傷が起こる可能性があります。帰宅後に気付いた場合はすぐにご連絡ください。

治療の費用

顔全体 1回 ¥30,000
1ヶ月以内 ¥22,500
1回 ¥20,000
1ヶ月以内 ¥15,000

全て税抜き価格となります。その他の部位別料金、くびや鼻、あご、身体の部位の治療の料金設定もあります。