重症ニキビ治療はメディアージュ ニキビクリニックへ夜8時まで 土日祝も診療

ニキビとニキビ跡の皮膚科メディアージュ ニキビクリニック

  • TOP > 
  • 選ばれる理由

選ばれる理由

メディアージュ独自のPDT治療

1999年、ニキビに対してPDT治療を最初に始めた私たちメディアージュは、PDTを主体としたニキビ治療を続けて、今年で20年になります。あらゆるニキビ治療を理解した上で、ニキビにはメディアージュ独自のPDT治療をおすすめしています。

ニキビを治したいと思ったら、まず一般皮膚科に行くのが普通だと思います。
そこでもらう塗り薬。時にはビタミン剤や抗生物質などの飲み薬。これで治る方もいる中、治らない方もたくさんおられます。

ニキビに効果があるとされているものはたくさんあります。例えば、ニキビへの効果をうたう有名メーカーの化粧品類や洗顔剤。
また美容皮膚科さんにおけるピーリング、イオン導入、LED治療、フォトフェイシャル、フラクショナルレーザーなどなど・・・。
しかし実際は、治らないだけでなく、その後もどんどん悪化するケースも多々あります。
私たちメディアージュでは、そういった方々のためにメディアージュ独自のPDT治療を自信を持ってお勧めします。

PDT治療とは

PDTとはフォトダイナミックセラピーの略です。
元々は、ガンに対して手術をしないで治すために開発された治療法です。
ガンの治療法と言うと怖い感じがするかもしれませんが、正常な身体の細胞を守りながらガン細胞だけを壊すことができる画期的な治療法なのです。

1999年、私たちはニキビが中々治らなくなってしまう原因に対して、このPDT治療法を応用し、あらゆるレベルのニキビの改善に効果を上げました。そうして始まった治療が、メディアージュ独自のPDT治療です。
日本では保険診療の適応治療ではないので、皮膚科専門医の先生も含めて未だに認知度が低いのが現状です。

メディアージュが選ばれる理由

では、「メディアージュ独自の」PDT治療とは、他のクリニックさんのPDT治療と何が違うのでしょうか?

ニキビに対するPDT治療
  • 内服法ALAというアミノ酸製剤を飲んで行う方法
  • 外用法ALAを軟膏に混ぜて肌に直接塗って行う方法

まず、ニキビに対するPDT治療では、ALAというアミノ酸製剤を飲んで行う方法(『内服法』という)と、ALAを軟膏に混ぜて肌に直接塗って行う方法(『外用法』という)があります。

ニキビに対するPDT治療を最初に始めたメディアージュでは、過去に両方の方法を検証しています。
その上で、効果が圧倒的に高く、かつ正常な肌に優しいのは「内服法」だと言うことがわかっています。

外用法には、塗布してから短時間で治療ができるという大きな利点があります。ただ、肌表面への反応が前面に強く出て、正常な皮膚へのダメージが出やすいため、強くPDT治療が出来ないのです。そうするとニキビの原因となる肌の深部組織への効果が弱くなり、結果1回の効果が弱くなります。
それを回避するために強く治療を行うと、肌表面に強い日焼けのような状態が生じて顔がどんどん黒くなってしまうのです。
外用法のPDTをして、治療毎に顔だけ黒くなってしまう・・。そのわりに肝心のニキビの改善は弱く10回以上治療しているのに・・。という経験はないですか?

それに対して、内服法ではこういった皮膚表面への反応が非常に出にくく、ニキビの原因がある深部組織へ、本来必要な効果をしっかり出します。欠点は、内服してから実際の治療まで3~4時間かかることです。
内服法は薬の影響で肝障害などの可能性があるから外用法の方が良い、と他院で言われることもあるようですが、内服するALAはたんぱく質の元であるアミノ酸で、人間の身体の中でも合成されている、普通に食品に含まれている『栄養素』です。全く心配は要りません。

ただ、逆に内服法だとニキビの原因除去力が高いわけですが、PDT治療の照射方法や照射量の加減が非常に重要となります。
1回1回どれくらいの照射がこの患者さんには適しているのか。治るためにはどのくらいの治療間隔が適正なのか、など。
毎回の治療状況を確認してそれに合わせて、ひとりひとりオーダーメイド的に治療を受けてもらうことが重要なのです。

どんなに良い治療でも、その治療の扱いが悪ければその治療の本来ある結果が出せません。
長年の経験とその結果考察からアップデートしてきた実績が私たちにはあります。 今年で20年、ニキビに対するPDTを最初に始めたパイオニアクリニック、メディアージュのPDT治療だからこそ、よりよい治療結果を出せると自負しています。 今まで苦しんできた貴方のニキビに。
メディアージュ ニキビクリニックに任せてくれませんか。