ニキビ情報室|重症ニキビ治療はメディアージュ ニキビクリニックへ(東京・大阪・福岡) 

ニキビ情報室ニキビ情報室

ニキビでお悩みの方へ、経験と実績に基づく正しいデータで
お役に立つ様々な情報をお届けしています

年齢とニキビの関係

思春期ニキビと大人ニキビ、その症例の違いとケア方法について。

大人のニキビ

原因

20歳以降に突然ニキビができてきたという人が最近急増しています。これらの主たる原因は、ストレスです。ホルモンバランスはストレスで容易に崩れ、男性ホルモン優位になり、皮脂の分泌が活発になります。顎やフェイスライン、首すじ、口周りなどに大人ニキビが出やすいことは、この部分がひげの生えやすい場所で男性ホルモンの影響を受けやすいところと考えれば納得できるところでしょう。仕事を始めたとき、人間関係がうまくいかないとき、仕事が不調なとき、恋愛関連など、大人になってからのストレスは簡単には除去できません。ですので、むしろ思春期のニキビよりも治りにくいのはこういった要因のためです。

ケア

ストレスが原因となっている場合が圧倒的に多いので、その原因を除去することが根本のケアとなります。生活習慣の乱れ、肌の手入れ不精などが原因であれば、それらを改善して清潔で潤い豊かな肌を保つようにすることが重要です。しかしそれらを行ってもストレスが根本理由の場合はなかなか良くならないので、治療を受けることをお勧めします。

治療

PDT、ケミカルピーリング、イオントフォレーシス療法などのお肌の外からの治療と薬物治療、ホルモン治療、栄養療法・栄養指導の身体の内なる原因からの治療があります。特にPDT治療は皮脂腺に直接働きかけその分泌を協力に抑えるので、非常に有効です。遺伝要因でもある皮脂過多症を改善することもできるので、ニキビはないけど皮脂が多くて困っている方にも適した治療です。